l-e

osaki / togoshi-ginza

2017/10/17 something & something else

  • Published: 18th 10, 2017
  • Category: Video
  • TAGS:None

2017/10/27 Léo Dupleix 来日公演

19:30開場、20:00開演

¥2,000(1drink込み)

 

Léo Dupleix (from Paris)
杉本拓
竹下勇馬
浦裕幸

 

パリからLéo Dupleixがやってきます。
全員または何人かで、それぞれの曲を演奏します。

 

2017/11/18 実験音楽演奏会19

開場18:00 開演18:30
2,000円(ドリンク代込み)

 

出演:小林寿代、杉本玲子、高野真幸、中条護、平野敏久、山田寛彦、米本篤(仮)

作曲:未定

 

2017/10/09 l-e茶室 vol.8『市中の隠』

IMG_0143

 

IMG_0340

 

IMG_0342

2017/11/24 Skylark Quartet リサイタル

1st stage : open 19:00 start 19:30
2nd stage : open 20:30 start 21:00

各ステージ 1000円 + d

 

Skylark Quartet
Sam Sfirri : Keyboard
中尾勘二 : Clarinet
宇波拓 : Bass
服部玲治 : Drums

 

artbord 2-100

 

2017/11/19 Skylark Quartet, something and something else

open 19:30 start 20:00
1500円 + d

 

something and something else

木下和重(something)
坂本拓也(something else)

 

opening act :
Skylark Quartet
Orlando Lewis – Clarinet
Franz-Ludwig Austenmeiser – Keyboard
Hayden Pennyfeather – Bass
Roland Spindler – Drums

 

2017/11/25 archetype “worthless memories”

open 19:00 start 19:30
charge 1,500yen (+1drink)

 

□Bergamasque
小川敦生(Banjo) + DeAthAnovA (Metallophone & Glockenspiel)

2017/10/12 【井の中の蛙 vol.32&33】『Koychedelic Kinosis Electric』

時間:19:30 open / 20:00 start
料金:1500円(1ドリンク込)

 

『Koychedelic Kinosis Electric』
古池寿浩 trombone, ipad, etc.
木下和重 electric acoustic violin
2日間ご来場の方には1ドリンクサービスいたします!

2017/10/11 【井の中の蛙 vol.32&33】古池寿浩tb × 川松桐子tb × 戸井安代cl

時間:19:30 open / 20:00 start
料金:1500円(1ドリンク込)

 

古池寿浩tb × 川松桐子tb × 戸井安代cl

 

2日間ご来場の方には1ドリンクサービスいたします!

 

2017/10/09 l-e茶室 vol.8『市中の隠』

HPchasitu no72017/06/18 l-e茶室より

 

HPchasitu no7.2jpg

16:00~21:00
¥500(抹茶、和菓子付き)

 

一帖茶室をl-eにつくります。
どうぞご都合のよい時間にお越しください。
l-e茶室では作法は二の次です。
お好きなように一帖茶室での抹茶とお菓子をお楽しみください。
また、一帖茶室へ向かうまでの露地、
静かにくつろげる「待ち合い」や初夏の庭、
蹲い(つくばい/手水鉢)、
などなども見所となっています。

 

世間の喧騒から離れ、暫しの間、
l-e茶室で思索の時をお過ごしください。

 

 

l-e茶室は、『茶道』ではなく、『茶室』が持つ意味を考えていきます。

 

茶室の歴史の中で、四畳半から二畳、さらに一畳半という草庵茶室に行き着きました。 茶室の広さ大きさが縮まっていったことには、「狭く小さくなりながら実は広く大きいものを現している。」という思想がありました。

 

利休以降、技術·技巧の茶が一般には歓迎され、大勢を占めていったのに対し、利休の孫である宗旦は、生涯大名に仕えることもなく、世俗を離れ「茶の湯」の禅と深く結び付いた精神性を追求しました。

 

l-e茶室は、宗旦茶室に学び、当時、茶の湯が※いろいろな名で呼ばれていた中で宗旦がみずからの立場を”名無しの茶湯”としたように”名無し”で在りたいと考えています。

 

※『古の本の茶湯者、いまの本の茶湯者、大名有力の茶湯、古の侘びの茶湯、 今の侘びの茶湯、町役茶湯、伝授茶湯、とり売茶湯、人真似茶湯、名聞茶湯』(「草庵茶室の美学〜茶と禅とのつながり〜/古田紹欽」参照 )

 

 

企画/l-e(坂本由記子、坂本拓也)
協力/杉本玲子、本田晃一、小林寿代、高野真幸、安達亜希
フライヤーデザイン/本田晃一

© 2009 l-e. All Rights Reserved.

This blog is powered by Wordpress and Magatheme by Bryan Helmig.