l-e

osaki / togoshi-ginza

2017/06/18 l-e茶室 vol.7『市中の隠・初夏』

HPchasitu no7

 

HPchasitu no7.2jpg

2017/02/12 l-e茶室 vol.6『市中の隠・冬』

HPchasitu no6

 

HP no6.2

2016/10/09,10 l-e茶室 vol.5『市中の隠・秋』

HPchasitu no.5

 

HP no.5.2

2016/07/17 l-e茶室 vol.4『市中の隠・夏』

HPchasitu no.4

 

HP no4.2

2016/04/16,17 l-e茶室 vol.3『市中の隠・春』

HPchasitu no.3

 

HP no.3.2

2016/01/09,10,11 l-e茶室『市中の隠』vol.2

HPchasitu no2

 

HP no.2.2

 

2015/09/21,22 l-e茶室『市中の隠』

HPchasitu no.1

 

HP no.1.2

 

HP no.1.3

 

2日に渡り、l-eに1帖茶室を作ります。なぜ「茶室」なのか、『市中の隠』とは? 乞うご期待!!!
※ 22日20時より、茶室終了後トークイベントを予定。テーマ/『l-e茶室』とは。

l-e常設展示/「Ezaki & The Family Stone」

Ezaki Stone

江崎將史 2013.12.15〜現在

2015/05/23 メニスカスの断面標本展

muraki2

12:00〜19:00

入場無料

 

作者

村木正嘉(むらきまさよし)

多摩美術大学卒業。大田区在住。

一児の父として生活する傍ら、作家活動を行う。兼業主夫。

 

抽象絵画のような、液体標本の展示会を行います。

メニスカスに囲まれた空間でおくつろぎいただけるよう、お席とコーヒー(無料)を用意してお待ちしております。

 

メニスカス/三日月の意。

液体の界面張力によってできる、容器内での屈曲を指す。

 

化学反応で呈色した、液体の標本群を展示します。
薄いプラスチック板に閉じ込められた、スプーン一杯ほどの水溶液。
たったそれだけのものが、重力・分子間力・界面張力などの相互作用によって、思いもよらぬ複雑な姿を象ります。

 

 

 

2013/02/15〜 Ezaki &The Family Stone /常設展(イベント時のみ)

Ezaki Stone
江崎將史
 神戸六甲在住の音楽家、江崎將史が各地の海岸で採取した石の販売。

 

 

プロフィール:
1969年生まれ。1996年、即興を軸にするライヴ活動を始める。トランペットは独自の奏法を多数開発。
また生活廃品などを利用。ソロのほか国内外の多くのミュージシャンとセッション、録音を重ねる。
2000年以降、弱音、さわり、間合い、響きの差、などをただ並べる演奏など。
ここ数年は 作曲活動など。みかけと音、ゲーム、うごき、かなの解体、などによる、アキビン吹奏、「アキビンオオケストラ」を主宰。
山本信記とのトランペットデュオ、15秒から1分ほどの曲をつらつらならべる「OMM-pah」
同じく、山本とオルガンの喜多村朋太とのチェンバーロックスティディーバンド「popo」 がある。
宇波拓ひきいる「HOSE」のメンバー。
知的障害者とその家族、ミュージシャン、らによる「音遊びの会」所属。
2007年春、竹内光輝、木下和重とでそれぞれが毎回作曲,演奏などする、「com+position」を結成。 2009年年末、貝つぶと、主に様々な物品など使用したソロをお互いに延々まわし続けるDUO、「対極」を始める。 2010年初夏、同じく、竹内光輝と毎回ゲストを迎えて、作曲、演奏する、「et」(エト)をスタートさせた。
2013、貝つぶとのメロディーインストDUO、「BlackMountain」をスタート。
2009年より行っている各地の海岸で採取の石販売は2013年より2月より、「Ezaki &The Family Stone」として、
東京大崎l-eにて常設販売中。

© 2009 l-e. All Rights Reserved.

This blog is powered by Wordpress and Magatheme by Bryan Helmig.