l-e

osaki / togoshi-ginza


l-e.s

ちょっとしたイベントスペースです。最寄り駅は、大崎、戸越、戸越銀座です。
パフォーマンス、展示、講座、勉強会など形態にこだわらず、個人個人の中から出てきたこんなことやってみたいという思いを気兼ねなくやってます。


 

6/18(日) l-e茶室 vol.7『市中の隠・初夏』

2FBCF593-0567-49AD-94AD-D430B5AD5C882017.2.l-e茶室より

16:00~21:00
¥500(抹茶、和菓子付き)

 

一帖茶室をl-eにつくります。
どうぞご都合のよい時間にお越しください。
l-e茶室では作法は二の次です。
お好きなように一帖茶室での抹茶とお菓子をお楽しみください。
また、一帖茶室へ向かうまでの露地、
静かにくつろげる「待ち合い」や初夏の庭、
蹲い(つくばい/手水鉢)、
などなども見所となっています。

 

世間の喧騒から離れ、暫しの間、
l-e茶室で思索の時をお過ごしください。

 

 

l-e茶室は、『茶道』ではなく、『茶室』が持つ意味を考えていきます。

 

茶室の歴史の中で、四畳半から二畳、さらに一畳半という草庵茶室に行き着きました。 茶室の広さ大きさが縮まっていったことには、「狭く小さくなりながら実は広く大きいものを現している。」という思想がありました。

 

利休以降、技術·技巧の茶が一般には歓迎され、大勢を占めていったのに対し、利休の孫である宗旦は、生涯大名に仕えることもなく、世俗を離れ「茶の湯」の禅と深く結び付いた精神性を追求しました。

 

l-e茶室は、宗旦茶室に学び、当時、茶の湯が※いろいろな名で呼ばれていた中で宗旦がみずからの立場を”名無しの茶湯”としたように”名無し”で在りたいと考えています。

 

※『古の本の茶湯者、いまの本の茶湯者、大名有力の茶湯、古の侘びの茶湯、 今の侘びの茶湯、町役茶湯、伝授茶湯、とり売茶湯、人真似茶湯、名聞茶湯』(「草庵茶室の美学〜茶と禅とのつながり〜/古田紹欽」参照 )

 

企画/l-e(坂本由記子、坂本拓也)
協力/杉本玲子、本田晃一、小林寿代、高野真幸、安達亜希
フライヤーデザイン/本田晃一

 

 

 

 

 

 

 

l-eトートバッグ販売中!!

20161212_121221_876l-eトートバッグ¥2000
通信販売を始めました!
ご希望の方は、メールにてご注文ください。

 

 

 

 

 

 

 ☆l-eマガジン3号 l-eにて発売開始!

l-e_magazine3

目次:
*江崎將史ソロを考察してみる。江崎將史
*古池寿浩インタビュー 聞き手:木下和重
*informationセルフインタビュー 坂本拓也
*l-e勉強会 ザ・もんがいさん! 木下和重 ほか
*須貝 吏メールインタビュー
*座談会 実験音楽演奏会
*イグノラムス・イグノラビムス ミュージックのススメ 大田暁雄
*プログラミングは(芸術にとって)一体何? 大田暁雄
*ある信じる心に関して lo wie
《連載》
*反体系的雑感季語3「飲み屋について その1」 杉本 拓
*音楽家・美術家のための数学講座2 鈴木 學
*南の楽園、常夏の島、そう、ハワイに行ってきました!その3 Kiss Me Quick

 

 

 ☆l-eマガジン2号 l-eにて発売中!

l-e-magazine2

目次:
*トークイベント『関心の壷 no.1』
志水児王「河原温について」角田俊也「ダニエル・ビュランのストライプ」宇波拓「ラブクラフトと唯物論」/座談会(付録)
*シモンからの私信 Simon Roy Christensen、訳、解説:杉本拓
*インタビュー/DeAthAnovA(進 揚一郎 Yoichiro Shin)、聞き手:坂本拓也
*連載: 反体系的雑感2 「飲み屋について」杉本拓
*音楽家・美術家のための数学講座① 鈴木學

 

 

☆l-eマガジン創刊号 l-eにて発売中!

l-e-magazine1_obi

目次:
*【座談会】GENESis/木下和重+古池寿浩+鈴木學+坂本拓也
*【座談会】エレクトロニクス制作講座/講師:鈴木學
*5/19ライブの記録/宇波拓、佳村萠
*連載: 反体系的雑感1「木について」/杉本拓 他。

 

創刊号、2号、3号ともに、1部¥300 <地方発送をご希望の方は、メールにてご注文ください>

 

Published: 19th 11, 2016 Category: Schedule TAGS:None

© 2009 l-e. All Rights Reserved.

This blog is powered by Wordpress and Magatheme by Bryan Helmig.